バナー

タトゥー除去する方法

タトゥーは、若い人などお洒落感覚でファッションの一部として、入れている人が多いですが、年月がたってから後悔したり、事情があったりしてタトゥー除去をする人が増えてきています。一般的にタトゥーは、入れる時よりも消す時の方が時間や費用がかかり、タトゥー除去を行う際に傷跡も残ってしまいます。

livedoorニュースの情報が満載です。

タトゥー除去の方法は、4つの方法がありますがレーザーは、黒一色の場合など色の濃い箇所に反応するのがレーザーなので、繰り返し照射することで少しずつ色が薄くなってきます。


傷跡を残したくない人に向いていて、術後の痛みや腫れもごくわずかになっています。

タトゥー除去に関する良い情報をご紹介するサイトです。

切除縫縮は、皮膚を切って縫える大きさのものは1本の傷にすることが出来ますが、幅の広いタトゥーは分割式切除で2回に分けて切除することが出来ます。

1回目の切除が終わってから、3~6ヶ月後周りの皮膚が伸びるのを待ち、2回目の切除をし最終的に1本の傷になります。

出来るだけ早く消したい人に向いていて、仕上がりはガラスで切ったような傷跡になります。剥削は広範囲のものや、レーザーの反応しない色のついたタトゥーは、皮膚の表面を削ります。

術後の赤みや盛り上がりは年月とともに少しずつ落ち着いてきます。

1~2ヶ月で皮膚が乾いてくると、火傷の跡のようになってきます。



皮膚移植は、傷跡が目立たない太ももなどから、皮膚を切り取りその皮膚を移植してタトゥー部分を塞ぎます。

剥削の跡に、皮膚表面を自然に整えるために行うことも出来ます。